笑唄

(応援) 私は幸運だ。なぜなら、この物語に出会えたから。 ストーリー構成も然る事ながら、言葉選びのセンスにも光るものがある。 タイトルでもある「化石の惑星」と現実、そして過去。3つの世界が交差しながらも、見事に調和が保たれている。 私はミドリが、真鳥が、友永が、千紘が、麦子が。彼らが創り出す世界にすっかり魅了されてしまった。美しい描写に感嘆した。彼らの魂の叫びに思わず心が揺さぶられた。素晴らしい物語であった。 読書中、私が何度「凄い」と呟いたことか。 流麗な文章で綴られた彼らの等身大のラブストーリー。あなたも、ぜひ読んでみて欲しい。 最後に1つ。あなたは幸運だ。なぜなら、この物語に出会えたから。
4件

この投稿に対するコメントはありません