林 奏

皆さまへ こんばんは。林奏です。 いつも応援してくださって、ありがとうございます。 「蒼い月」、第2章まで終了いたしました。 訪れてくださった皆さま、スターやコメントをいただいた皆さま、本当にありがとうございます。 温かな応援をいただき、とてもとても感謝しています。おかげさまで、どうにか書き進めることができております・・・。 「蒼い月」は、3章での構成を予定しておりまして、次の章が最終章となります。 少しだけ準備期間をいただいたのちに再開したいと思っておりますので、引き続きおつき合いをいただけるとありがたく存じます。 どうか、これからもよろしくお願いいたします(*^^*) 林 奏 ※「蒼い月」に関する追伸※ この作品は、とある路線の沿線を舞台としております。 そして、駅がいくつも出てきます。駅が・・・駅がいくつも・・・!! はわわわわ・・・(涙声) 街並み等々も含めて、書き分けの努力をしてはいるのですが・・・ごにょごにょ・・・(言い訳)。 よりお楽しみいただけるよう、駅の位置関係をまとめてみました↓ (下り方面に向かって) S駅:巨大なターミナル駅(作中には出てきません)   ↓  N駅:研さんが担ぎこまれた病院があります。   ↓ 1駅 K駅:区民センター、スミレ小児科(=AFFの事務所)はここ。   ↓ 2駅 O駅:長谷デザインの最寄り駅。   ↓ 2駅 K駅:長谷さんの自宅の最寄り駅。研さんの事務所もあります。   ↓ 2駅 M駅:理香の自宅の最寄り駅(作中には出てきません) ・・・これ以上は増えない予定ですので、ご安心ください・・・。
23件

この投稿に対するコメントはありません