橘 実来

奈須川さん♪ 『ぜ、ん、ま、い、と、あ、た、し』拝読させていただきました。 読後の感想を1言でいうと、「面白かった!」コレに尽きます。じっくり読もうと思っていたのに、面白くてついつい一気よみしちゃいましたョ。 まるで、宝箱のようなストーリー展開。 絶望、悲嘆、異世界、冒険、恋、献身、仲間、恐怖、切なさ、再生、希望。 すべてがぎっしり詰まっている。しかもかなりはっちゃけた展開(笑)なのに破綻するどころか、ラストに向って見事に集約し、清々しい希望の光を胸の奥に灯してくれるようなエンディング! 読後主人公麻奈と一緒に冒険を終えたような気持ちを味わえました。素晴らしかったです。 しかし、奈須川さんの作品を読んでいつも思うのですが、その無限大発想力はどこから湧いてくるんでしょう(笑) たとえば背中のゼンマイがエネルギーの源、しかもそれが愛情表現を兼ねていることを少女マンガのストーリーから学ぶって(笑)淡々とめちゃくちゃ面白いこと書いてあるから何度も吹きましたョ(笑)まさにユーモア溢れる奈須川節全開(笑) ストーリー展開も息つく暇もないようなドキドキの連続でよくこれ程のエピソードがバランス良く噛み合っているなあと感嘆しました。 作品を書く、特に長編は鉱脈探すのに、似ていると感じます。掘っても掘ってもでてこない。ようやく掘り当ててもエンディングは遠くに微かにしか先が見えずため息をついてしまいます。 でも、奈須川さんはきちんとしたプロット、確かな文章力、豊かな発想力という土台があるからこそ、そんな鉱脈をピンポイントで見つけグイグイラストまで掘り進められるのではないかと感じました。 次回作もめちゃくちゃ楽しみです。素敵なストーリーありがとうございました!
1件・1件
美空さん! もうお読みくださったのですか! しかも早々にレビューまで! 感謝感謝ですm(__)m 書いた当時は、色々と持っているものを詰め込みながら臨んだ記憶があります。伏線を回収しながら、イメージしたところに落とすという作業が楽しいなと思えるようになったのも、この作品のおかげかもしれません。その前は完結させることも出来なかったので。 無限大発想力なんて、とんでもないですよー笑 ただの妄想好きです(^_^;) 小さい頃みたアニメだったり、今までに読んだ本とか、映画とかに影響されていることは間違いないと思います。でもお話を書く人は、きっと皆そうですよね(^^) 奈須川節、いただきました☆

/1ページ

1件