井湧敬一

 処女作という事ですが、かなりハイレベルな作品でした。    名前を記号にするという手法も、一部のプロの方が使われるもので、登場人物に対する不穏な空気を演出するという意味では、素晴らしいと思います。    捕まった犯人が何故?という疑問が解けない点だけは難点かな、と思いましたが、そこを差し引いても、ミステリーとしては秀作だと思います。  でも、美しくもあり、恐ろしくもある中で、僕はその執念にホラーを感じました。  読ませて頂き、ありがとうございます。
丁寧なレビューと、ページコメントをありがとうございます(*^^*) とても嬉しいです!

/1ページ

1件