lime

冒頭のシーンから惹きつけられました。 そうそう、子供の頃、よくこういう心霊もの特番を見ていました。 そして、その後で必ずトイレに行けなくなり震え捲り、観たことを後悔するのです。 今でも心霊物は観れません、学習しました。でも、このお話はついうっかり……最後まで読んでしまいました。 怖かった。でもそれ以上に主人公の神代が魅力的で、面白かったです。 普段は頭ぼさぼさの、冴えないサブ。けれど、その実態は……。 このギャップが最高でした。 沢山の登場人物たちはどれも個性的で曲者で、一体だれが首謀者でだれが被害者なのか。 中盤の殺戮は怖すぎて片目をつぶりながら読みました。(つぶっても怖さは一緒でした) けれどラストは……。 この主人公、神代らしい活躍で、開かされる真実にジーンとします。 キャラたちの関係性や信頼、想いなどがジワリと感じられるラストにホッとして、そしてシリーズ化の予感に、にんまり。 どうか、怖がりの読者のために、次は怖くない神代の物語を!←即却下。
・1件
limeさん。 ホラー……特に心霊系のホラーは苦手だとお聞きしていたのに(けど、limeさんの作品には霊が出てくるという不思議さ(笑))、まさか、この作品を完読してくれただなんて。 それだけでも嬉しいのに、レビューまで。 本当にありがとうございます。 次回作はなるべく「怖くない」……作品には出来ませんが←おい それでも、愛すべきギャップヒーローの神代が、更に毒舌、更にツンツンマイペースキャラで活躍するよう頑張る励みになりました。 最後まで読んでくださったことと、有難いレビューに感謝致します。
1件

/1ページ

1件