続きが気になって気になって、怖いの苦手ですが読む手が止まりませんでした。 80ページの中にこれだけ内容が詰まっていることに驚きです。 80ページでここまで世界を創り出せるんですね! まるで映画を観ているような感覚で映像が脳内に繰り広げられました。 人物も魅力的で、恐怖の中にも人間らしさや、冗談も交えてあり、登場人物を応援せずにはいられなかったです。
・1件
まかろんKさん、狂鳴街の第1部を読んで頂き誠にありがとうございます!! 映画を撮っている感覚で物語を執筆しておりましたので、そう言って頂けるとめちゃんこ嬉しいです! 次は獣の章になりますので、もしよろしければ引き続きお楽しみくださいませー( ^ω^ )
1件

/1ページ

1件