初恋は実らないと言うけれど……。 男みたいな名前の澪は可愛い顏と名前の明貴君がいつも気になる。 明貴君の〇い人、美人で女らしい夏海が〇ましい。 ところが、〇〇め過ぎたせいで、変な騒ぎになり〇けられてしまう。 思春期にありがちな辛い体験ですね。  何気ない会話が全て〇解に繋がる伏線だったとは……作者様の巧妙なトリックに感心させられました。 〇年後、やっとお互いに〇って〇直り。 確認されても笑って〇定するしかない澪。 ああ、なんて切ない〇〇い。 悪い子なんていませんよね。 思いやりや無邪気さや誤解が入り混じって生まれた〇恋も青春の産物なのでしょうね。 〇ない気持ちが伝わり、私も〇なくなりました。 でも、きっといつか……あおはる~!
1件・5件
レビューありがとうございます((。´・ω・)。´_ _))ペコリ 他の締切近いのにかかりきりで完結まだのまま少しほったらかしてたのに、とても嬉しいです! なーんだってがっかりされないような結末にしないとですね。がんばります!
1件4件
黒谷さん、 コメントありがとうございます。 一度に何作も書いていらっしゃるなんて流石ですね。 たまに短編を書いてはバーンアウトしてる私からみたら神です!(笑) 失恋がテーマではハッピーエンドは望めず、切ないです~!
1件3件

/1ページ

1件