愛沢 琉希

蛍の生きるサイクル、というか、成虫になってからの時間の短さを恋愛に絡めるなんて、とても素敵だなと思いました。 蛍という言葉だけでなく、直接的な描写がどこにもないけれど、光や飛ぶ姿など、ところどころに蛍の要素はちゃんとあって、そして、あとがきを読んであぁなるほどな、と(笑) どの恋も素敵ですが、2つ目が個人的に好きです。 拙いレビューですみません。 素敵な詩をありがとうございました。
2件・1件
女詩会には修行のつもりで参加させていただいているですが、 こんなに拙い作品を読んでいただけて嬉しいです。 レビューをありがとうございました。
1件

/1ページ

1件