山吹あやめ

メイとサツキということは五月コンビ(トトロコンビ)ですね! 残念ながら、彩人さんを越えるキャラには出会えませんでした(笑) とにかくもう、まばゆい。青い。ピュアすぎる! 汚れっちまったアタシの目は、ムスカのごとくやられてしまいます(ラピュタ。ジブリつながりで)。 読んでる方がこっぱずかしくて、鳥肌ものでした(ほめてる)。 ラスト、芽生が自分から歩んだところが、一番素敵なシーンでした。 あれがなかったら、星の数減らしてたよ!(笑)ちゃんと成長が見られてこそ、主人公だよ! 芽生ちゃんよく頑張った! ここからは、要望と、☆を5にしなかった理由です。 いくつか読ませていただいたささるんの長編は、大半が1年を描いている気がします。 入学式に始まって、文化祭系のイベントがあって、夏休みがあって、試験勉強に追われて……学生だから当たり前っちゃ当たり前のスケジュールなんですけど。 それ以外を読んでみたい!(*‘∀‘) 切ない系の王道、死んじゃう彼女ネタでいいから、学校を舞台にできなかったらどんな作品を描いてくれるのか、超気になる(*‘∀‘) あの、本屋と猫の話『古書店で、私は猫に逢う。』みたいなやつとか! 期待してまってます("´∀`)bグッ!
「汚れちまった悲しみに」…中原中也(笑) 先ず、レビュー、完読、有り難う御座います!コメントを頂く度に思っていますが、励みです。もう…愛ですね。有り難う御座います。 そうなんですよ。描いてる途中で

/1ページ

1件