一頁に書き込めるのは実は旧式システムでは1000文字まで。今は改変されてますが此方の作品は昔からありますから、当然一頁には1000文字縛りで書かれています。 1000文字の中に起承転結を書くというのはかなりの難易度になりますが、此方のショートショートは、一頁内できちんと結まで書ききっています。 作者様はさらっと簡単にやって退けてますが、これはなかなか真似出来ない技術。 それを1000頁を超える文量で、凄いの一言。 どの頁の話も個人的にはとても好きですが、特にお気に入りは作品内にもよく登場する「解決人」の話。 この解決人のもとに沢山の悩み相談が持ち掛けられるのですが、その解決方法が非常にバッサリで(笑)いっそ清々しさを覚えます。 他にも時事ネタやこの作者様の哲学的な考え方などバリエーションの豊富さも作中からは垣間見える。 なにより洗練されたオチの話が多いので、特に短編書くのが苦手な物書きさんはこの作品から起承転結を参考にされたら良いと思います。
勿体ないぐらいのお言葉で身に余ります。ありがとうございます。 今までたくさんコメントいただきお返事の中でそれぞれの意図をお伝え出来たので私の気持ちごと創作を理解いただいているのでさらに探す言葉があり
長文返信も千頁以内とか……(´;ω;`)凄い………胸がいっぱいです…… そして千頁を越えて今尚、試行錯誤されている。 その創作への執念は必ず読者や他の作者の目に「勇姿」として映っている、僕はそう思い

/1ページ

1件