キュリサン

ちはやぶる 荒々しく駆け巡る状況の中にありつつも 人の世の脆くて儚い姿を詠まれる物語でした。 台詞回しは一見難解そうに思えましたが それぞれの個性とその場の雰囲気が 良く伝わり より味わい深く作品に没頭する事が出来ました。 ありがとうございました。
レビュー、ありがとうございます。 未熟であることは承知しておりますが、こだわりのある作品だけに、お褒めいただいたことで、次に進めます。 いただいたコメントに恥じないようなものを、と思っております。

/1ページ

1件