海ちゃん

一日で読んでしまいました。もっと何日も楽しんで、ゆっくり読もうと思ってたのに(笑) 普通、ここまで一途だと引くのかもしれませんが、私は全然でした。もしかしたら、私もウザイやつなのかもです。一途なことを、素直に出していくのって、したいけどできなかったりして、でも憧れていたり。 一番心に響いたのは、「想いのカタチ」でした。マサトの告白のところは、もう切なくて切なくて、もういい歳なのに胸が締め付けられる想いでした。結婚すると、実生活ではなかなか切なくなることってないんですが、お話の中ではまだまだギューッと切なくなれるから『あ、まだ大丈夫』って思ってしまいました(笑)そんな気持ちを思い起こさせてもらえて、ありがとうございます。 いろんな作品を書いておられるので、長編の更新は大変だと思いますが、また書きたくなった時にぜひ書いてください。nano°さんの作品大好きなので、のんびり待ってます。
作品を読んでいただけただけでも嬉しいのに、沢山レビューもくださって本当にありがとうございます。 実は、マサトは私も思い入れの強いキャラでして、そこまで明るく楽しい作風で書いていたのに切なく苦しい要素

/1ページ

1件