甚平

169ページ(2018/11/30現在)まで拝見いたしました。 複数のジャンルが入り混じる壮大な作品であり、それでいて舞台や そこに住み人々の描写から卑近さを感じる面白い作品です。 平行世界の存在もあり、まだまだ先の読めない展開が続きそうです。 個人的には、序盤ですがアマランスが山を消し、甲羅が輝く場面が好きでした。 派手で日常の崩壊がわかりやすく、爽快感があります。 改訂の進行を期待いたします。

/1ページ

1件