秋月一花

「大切なことは、伝えなきゃ」 大好きなあなたは、高嶺の花で初恋で。私を好きでいつづけてくれるか不安だから、口をつぐんでしまう。 「あなたが信じられないのじゃなくて、自分に自信が持てなかったの……」最後の言い訳さえ飲み込んでしまう。 そんな臆病な女の子は、私の中にも、もしかしたら誰の中にもきっといるから、お話のラストが心に沁みます。 だから次こそは、大切な人に大切なことは伝えなきゃ! 心の中で膝を抱えている臆病な女の子に、そんなメッセージをもらえる1作です。

/1ページ

1件