白鳥武美

レビュー失礼いたします。 何度も拝読させていただきました。 単調なようでそこには深い闇を感じます。 水と言う誰でも触れているそれに、自分のけがれた部分を浄化させるようにプールに溶け込む。 本来彼との出会いは、彼女の唯一の救いだったのかもしれません。 薄い膜を丁寧にはがすような、透明感ある心理描写は拝読後の余韻を深いものにさせます。 悲しくて、やり切れない程切ないそんな作品を生み出せる作者様は凄いと思います。 素敵な作品ありがとうございました。

この投稿に対するコメントはありません