一人の男が格安の遺伝子検査を受けるところから物語は始まります。そこから、実は自分がとある伝説の血族のY染色体の遺伝子をもつことが判明、さらに息子が実の子でないことが判明。次々と判明していく事実に目が離せません。  さらに、古い血族「庄」の族長に選ばれてしまうといった運命にもまれる男の内面が繊細に描かれていて、読んでいるこちらもドキドキさせられました。  なにより、実は利用されていた花城。この勢いで行くと、実の息子ではないというのも嘘なのでは…。この先の展開がとても気になります。  素敵な作品をありがとうございました。  ところで遺伝子検査といえば、誰かが信頼性を確かめようと人間でない動物の唾液を送付したところ、見事に人間の結果が返ってきたとか、後でされる質問の方が結果に反映されているとか…。詐欺まがいなところが多いらしいですね、現状は。(失礼しました。)
1件・2件
ステキなレビュー、ありがとうございます!丁寧に読んでいただきまして感謝。これから、エンディングに入りますので、もう少しお付き合いください。 ちなみに、私も遺伝子検査やりました。結果、花城と概ね一緒で
1件1件
こちらこそ、イベントへのご参加ありがとうございました! ぜひ、エンディングまでお付き合いさせていただきます。
1件

/1ページ

1件