荻野朝樹

レビュー失礼します。 まず、「運命の腐れ縁」という言葉の組み合わせに惹かれました。 ありそうでなさそうな、オリジナリティのある言葉の組み合わせだと思いました。 そして、内容。 ストーリーは王道中の王道ですが、その「王道」こそがグッと来るのだと、この作品を読んで感じました。なおかつ、アリジュさんの表現、色が加わることで、王道であるはずの物語はまた一味も二味も違ったものへと変わっています。 まさに「キュンとする」とても素敵な作品でした。

1/1ページ

1件