りふる

こんにちは りふる と申します。 イベントに参加するかどうかと迷いながら、 先に作品を読ませていただきにきました。 辛い状況が手に取るように伝わってきます。 作者さまも何か体験されたのでしょうか…… とてもリアルに感じます。 私もパニック症候群と診断が出ましたが、 まさに誰にも分からない苦しみを味わいます。 呼吸困難も何度か経験したし、 将来どころか、今現在に絶望を感じる…… 少し気になりました。 会話の中身は別にして、 いい夫婦 ということが伝わって来ないのです。 なんというか、冷たい。 もっと砕けたリアルな会話の方が さらに緊迫感が出るのではないかと。 夫婦でこういう言葉遣いでは、 気遣いはしても、温かみが無いですよね。 私はそう感じました。 気分の悪い言い方でごめんなさい。 私が参加を迷っているのは、 コメディファンタジーになっているからです。 仕事の辛さも厳しさも描写していますが、 読み終わった読者さまは 楽しかったという感想をくださいます。 これでは参加資格は無いのでは、 と思っています。 けれど、資格云々の前に、 一読者として、お伺いしました。 お気を悪くなさったらごめんなさい。
・2件
いえ、辛い先に救いのある物語も大切です。 参加お待ちしてます。 正直な感想をありがとうございます。 この言葉使いは、ある物語を参考にしました。 慣れない書き方をためした結果です。 良いアドバイスありがとうございます。
1件
お心遣い、感謝です。 お言葉に甘えて、参加させていただきますね。

/1ページ

1件