ももたろう

「こ、これはいかんな」 どうにもワンちゃんが好きな私にとっては、どうにもこうにも、涙が。 うちでは、妻の友人が引っ越しで飼えなくなった成犬のマルチーズを譲り受けたことがありました。 なかなかなつかなくて、食べ物をあげる妻には早くから従順になりましたが、私や小さな息子たちにはいつも歯向かっておりました。下の息子が帰ってくるとどうやら怖くて玄関から入って来ることができず、泣いていたことを思い出します。 でもとても利口な犬で、妻がいないと私のところへ、そして息子たちだけでいると上の息子の膝の上におりました。 その犬が、散歩中に近所の大きな犬にいきなり噛まれてことがありました。死ぬことはなかったんですが、噛まれたところが化膿して大変な思いをしたことがあります。 それ以来、マルチーズばかりを飼っております。 ワンちゃんはかわいいですね。息子たちも今では大の犬好きで、とても大事にしております。 妻や子供たちは、おじいちゃんが亡くなったときには、大泣きなんてことはありませんでしたが、2代目、3代目のワンちゃんが死んだときには、大泣きでした。 でも、犬の好きな方は分かってくれると思いますし、かわいい「テイト」くんの優しい気持ちが手に取るように伝わってまいります。 犬は、その通りです、全く「家族」ですね。 「テイト」くん、今は天国で、夏姫ちゃんやご家族と一緒に遊んだ楽しい日々を思い出して、にっこりしていることと思います。 今うちにいるマルチーズは、わがまま放題でわんぱくで、怒りん坊です。でもかわいいです。 少しもレビューになってなくて申し訳ありません。
お読み頂き、ありがとうございます。 悲しい話ですけど、テイトの事を色んな人に知って貰っただけでも有難いと思ってます。 テイトは虹の橋を渡って、楽しく暮らしていると思います。人々に愛されていた他のたくさ
こんばんは。 ご丁寧にもありがとうございます。 動物物は、泣けますね。 特にこんなことがあったら、なおのこと。 動物を飼うこともちゃんとしないと、責任をもって飼わないといけませんよね。 また寄

/1ページ

1件