序盤早々、ツッコミが追いつかないほど、笑わせてくれます。 時には、ジワリと怖さも。 涙が零れ落ちるほどの、優しさも。 この物語を、もう一度、アタマから読み直した時に、感動という言葉では、語り尽くせない愛で、胸がいっぱいになります。 あの日、あのとき、手を引かれた、有礼さんは、どんな表情をしていたんでしょう。 さあ、皆様も、心やさしい地獄へ。
2件・1件
銀ちゃんさん、貴重なレビューをありがとうございます! この小説ふざけてるな と思わせといて……というのに 憧れていまして^_^ それが上手くいっていたら とても嬉しく思います
1件

/1ページ

1件