遅ればせながら、完結おめでとうございます♪ “あんなに小さかった、あの百々ちゃんが…!(感涙)” と、まるで親戚の子の成長を見守ている様な心境で、読ませて頂きました。 そして、登場人物(古株)達の名が出てくる度に一々懐かしく、出てくるエピソードに一々「有ったねーw」となる所が、これまた良い!!(笑) 百々ちゃんから読み始めたと言う方は、かーなーりの大損をしていると思います。← 【若かりし頃の七恵編から読み進める事を、強くお薦め致します。】 考えさせられたり笑えたりと、楽しい一時をありがとうございました!m(_ _)m 勝手に、シリーズの再開と進展を楽しみにしております♪

1/1ページ

1件