岩音 好

一言でレビューするならば                “現在多くの携帯小説のレベルが低いと言われている中、是非小説クリエーターの人達に読んでもらいたい一冊”                   始め、作品のタイトルと説明を見たとき                        「なんだこりゃ、ただランキング上位に入るだけの知識なら俺はいらんぞ!」                     と思った(結局それでも読んでしまった訳だが)。                   しかし、読み始めると                「はぁ、なるほど。そういうことか」                         と納得させられる事が多い。               さらに読み進めていくと、この作品が伝えたい事は前半部分ではないという事に気づかされる。                          私のように、「内容薄いのに人気のある作品」を疎む人こそ前半部分を読んで欲しいし、「だだランキング上位に入りたい」と思う人こそ後半部分をじっくり読み込んで欲しい。                  これは読む時間以上に価値のある作品だと思う。
3件

この投稿に対するコメントはありません