沢市さとみ

少ない言葉で胸を叩く
出だしに、「とても読みやすい」と思いました。まるで会話するような、でも砕け過ぎず、きちんと構成されていて、流れるように物語へ導いてくれる。 不倫モノって抵抗ある人いると思うんです。なにがあろうと純愛は成立しない!とか。私もそっち派でした。いや、しかしこれは純愛だ。原因のひとつは2人の男女がお互いの世界観で全てのカタをつけてしまったことかな。ある種の潔さ、武士のような志を感じでしまいました。 体だけの関係だったはずの2人に最後に残る、花びら程度のささやかな愛情のようなものが舞い降りるのが切なかったです。
夜分にすみません💦 わぁ!貴重な感想ありがとうございます! お返事遅くなりましてほんと申し訳ないです<(_ _)> 不倫ものはそうですね、家庭ある身でしゃあしゃあと愛だのなんだのと陶酔してる感じ
いえいえ。お返事なんて結構です💦わざわざありがとうございます!さすがと言いますか、とても面白かったし、胸に刺さりました。他の作品も絶対楽しいんだろうなと思います。ゆっくり順番に読んでこうと考えており

/1ページ

1件