ヒューマンファンタジーの世界です
完結おめでとうございます。 ※ 以下 ネタバレあります! ファンタジーといえば、類い稀な異世界の中、飛び抜けて強い武器や魔法技があって敵と戦う…そう思いがちですが、この作品は違います。 人間と、それとは違うもの。 ただそれだけなのに、何故 当たり前に共存出来ないのか。 今 この現実世界にある、肌の色が違う 宗教が違う 性別が違う…様々な〝違い〟から起こる無意味な争いや諍いを この作品に当てはめてしまいます。 終盤は苦しく緊迫した展開でハラハラし通しでしたが、作者様らしく優しい光に溢れたラストに胸が熱くなりました。 また一つ、大好きな作品が増えました。 素敵な作品をありがとうございました。

/1ページ

1件