みーは

それぞれが背中を押し合うラストに感動
水嶋さんと江越くんそれぞれの目線の葛藤がリアルに書かれていたのがとても良かったです。 ラストの、江越くんが複雑な気持ちを抱えながらも必死に奮闘して水嶋さんを未来に踏み出せる様に仕向ける姿に涙が…(;ω;) その章を読んでいるとき、私の頭の中ではハナミズキの歌詞が浮かんでいました。 ラブラブの甘い恋愛モノの様に、はっきりとお互いが愛し合っている描写は無いものの、それが逆に新しい道の始まりみたいな雰囲気を出しているので清々しい終わり方だったと思います!! これからの未来、2人の中が良い方向に進みます様に!!! 最後になりましたが、面白い作品をありがとうございました(_ _)
拙い文を我慢強くお付き合い頂いてありがとうございました。丁寧なコメントはもう何回も読み返してニマニマしてます。 ハナミズキ。 実はハナミズキも考えたのですが、何となくまだ著作権が生きているような気がし
返信ありがとうございます。卒業写真、聴いてきました!! 確かに、歌詞の所々から小説の内容が感じられて、私もまだまだ読み込む能力が拙いのだと気付いちゃいました笑 水嶋ラブラブ編読みたいと切実に思いまし

/1ページ

1件