ますみ

唯一無比の個性と皆と同じでありたいという気持ちのせめぎ合い
皆と同じでありたいが自分の個性も大事にしたい。 異質を認めて調和することがまさに大事なことだと 気づかせてくれる深い内容でした。 最後、紘斐がMoonchildのいない世界に戻って再会し、 恋愛よりも慈愛なそんな2人の関係が素敵でした。 色鮮やかに広がる景色と脳内を刺激する心地よい音楽が 流れる神秘の物語でした。
1件・7件
ますみ様 ありがとうございます。 実はこの作品は随分前に原型があって、友人が『男が子を産む』というSFチックな構想の小説を書いていて、許可を得てそのアイデアを組み込み、更にKING CRIMSONの『
1件6件
壮大なスケールで面白かったです。 子供を欲していないのに妊娠するのは 困りますが、男性が妊娠するというのが 面白いです。 巷のオメガバース設定は差別的で苦手ですが こちらは平等的で新鮮に感じました。
1件

/1ページ

1件