内側からの咆哮
読み終えた後、私の中の獣が咆哮するかのようでした。 「素晴らしい」とか「秀逸だ」とか、そんな言葉が薄っぺらく感じてしまうほどの作品です。 冒頭に伏線とも言える〇〇を持ってきているところも唸らせます。 読んでいるとどうしても残ページ数に目がいくことがあると思うのですが、森山ちゃんの作品はどれもそんなことを忘れさせる強い吸引力があります。 気づいた時には森山世界にどっぷりと浸かっていて、現実世界へと戻ってくることに苦労してしまう。でもまた読みたくなる。 エブリスタで森山ちゃんの作品に出会えたことに心から感謝します。

この投稿に対するコメントはありません