宣芳まゆり

どきどき、はらはら
 冒頭からドキドキします。そしてふたりの関係に、やろうとしていることにハラハラします。  大きな事件や破局や修羅場はないのですが、……それが逆に、この作品にリアリティと落ちつきを与えています。だからこそ余計に、親の不倫というものが、いやらしく、うとましく思えます。  対して、主人公の子どもたちふたりのピュアさが引き立ちます。ハッピーエンドでよかったです。
宣芳まゆりさん、はじめまして。 私たちは恋をしないに、素敵なレビューをありがとうございました。 お返事が遅れてしまいすみません。 ドキドキハラハラしていただけたとのこと、とても嬉しいです。 不倫とい

/1ページ

1件