RPGゲームで遊んでいるように主人公をプレイしている感覚で楽しめる作品。
かなりの人気作品だな、というのが第一印象。 あらすじを読んで『成長』物語か。と、なんとなくイメージを掴む。タグにも『成長』とあることから、これは大切なキーワードなんだなと、頭に刻む。 他のレビューにもあるように主人公の素性などが詳しくわかり、感情移入しやすい作品なのかな? と、軽い気持ちで作品に触れてみる。 この作品の作者は人物の背景を書くことにより人物像が浮かび上がるということを知っている人なのだなと感じた。人は馴染み深いものは想像しやすい。 つまりは、家族構成などについて書かれている。 これなら確かにファンタジーに馴染みがなくてもすぅッと入っていける。 書き方が人気の秘密だろうか? しかし、私には気になるワードが残っていた。 レビューにあった“丁寧”である。 ん!? あ、こういうことか! これはなかなか斬新である。思わず某ゲームのVを思い出した。ファンタジー好きはさることながら、ゲーム好きのハートもガッチリ掴むことうけ合いである。 これなら、ファンタジー初心者でも読みやすく食らいつく。天才だな。 人の心を掴むのがうまい作者だと思った。 人気の秘密を是非、ご自分の目で確かめてみてはいかがでしょうか?オススメです。

1/1ページ

1件