ホカノ カホ

こんな美しい雨を降らせたい
様々な雨の描写も、主人公の思い出も、謎の転校生「零」の描写も全てが綺麗でした。自分も作中内で、こんな美しい雨の描写を表現したいと思いました。 一言一言の台詞がどこか浮世離れしている彼女の言葉回しがとても心地よいです。会話のテンポが軽やかで読んでいてとても楽しかったです。 憂鬱な雨だとしても、もしかしたら心に残る思い出ができるかもしれない。そんなワクワクした気持ちで読了できる作品でした。
閲覧・ご感想ありがとうございます。 雨ひとつを描写するのにもいろいろな表現があるんだなぁと自分でも思案しながら言葉選びをしていたので、そう言っていただけてとても嬉しいです(*'ω'*) 会話のテンポや

/1ページ

1件