かしまっこ改

この小説は現代ファンタジーです‼
小人も妖精も登場しませんけれど、ファンタジー感が一杯の作品です。 静かな時間、穏やかな風、暖かな人間関係、そして優しいお食事… これぞファンタジー‼ ひょっとしたら桜の花の陰に、畑の野菜の根元に、蛍の舞う宵闇にひっそりと小人や妖精たちが隠れているのでしょうか? ご馳走さまでした。

/1ページ

1件