活字として、手元におきたい。
今、長編のプロットを作成しています。 凪司工房さんの「小説のいろは」は、とても参考になっています。 ページをめくるたび、思わず唸ってしまう。 凪司工房さん、いえ、先生。 最後までご指導、お願いします!
どうもありがとうございます。 一応、基本的なことを書いておこうと思って、頭から準備しておいたり、知っておいたりした方が良いと思われる順で書いているつもりですが、体系的にまとめる、となると難しいですね

/1ページ

1件