素敵な滑り出しを堪能できました。
金色のグラスに見とれる聖子の前に白髪の執事が登場。勧められるままに葡萄酒を飲むと、寝てしまい、目覚めたら傍らに少年がいます。彼はこの館の主。ミハエル伯爵の花嫁に選ばれてしまった。混乱して拒否すると、刺客に狙われる聖子。彼女はミハエルとの運命の婚姻を受け入れ、結ばれるのか。非常にテンポがよく、読みやすい作品です。素敵な滑り出しを堪能できました。

この投稿に対するコメントはありません