ポラード

ジェットコースター!
1と2を合わせての感想となります。お許し下さい。 絶望の底に落ちた時、殆どの人は諦める事を選択する。しかし、抗う道を選択する人もいる。抗う事で、絶望の底から這い上がる選択肢を選んだ人達の物語が、スピード感のある文体で、紡がれていく。 展開のリズム感が良く、次の展開が気になってしまい、ページを捲る指のブレーキが破壊される。 ホラーが苦手な人もいるかもしれないが、メインは人の人を想う気持ちの大切さであり、ホラー一色では終わらないので、楽しみながら読む事が出来る。気分はジェットコースターに乗ったような物だ。スピーディーに変わっていく風景と垂直落下的な展開が癖になるかもしれない。 また、戦いのシーンとなると、殴る、蹴るで、頭を使うとなると頭突きの俺にとっては、この作品における戦い方は斬新で、全く別の緊張感を楽しむ事ができました。 シリーズ化されているので、ペナルティースクール、ドールもゆっくりではありますが、楽しく拝読させて頂きたいと思っています。 とても面白い作品でした。楽しい時間を与えてくれた美愛さんに深く感謝をいたします。
ポラードさん。 レビューありがとうございます。 最近読み返して、セリフが誰のものかわからない、文章下手すぎーと自分で突っ込んでいました💦 面白いと言ってもらえて、本当に嬉しいです。 これか

/1ページ

1件