各キャラクターが実在感のある人間として存在していました。
パイロットになる夢を諦めた西島大翔。通訳の仕事の出張先で、パイロットになった元同期の白石尊琉と再会。今何をやっているのかと訊かれ、諦めたはずの夢が疼く描写がリアルで、読者の共感を誘います。業務内容の描写も丁寧に書かれており、各キャラクターが実在感のある人間として存在していました。果たして2人の関係が今後どうなるのか、気になるオープニングでした。

この投稿に対するコメントはありません