Takehiko

空一杯の星空を・・
戦争は一部の誰かの利益や、選民主義によって 国民の不平や不満を上手く操作して起きる気がします。 僕らが冷静に相手を理解しようと努力し、自分と違うものを尊重できれば おじいさんのような辛い悲しみは、回避できるかもしれない。 もう二度と僕らの世代や、僕らの子供やその子供たちの時代になっても 見上げるあまたの星は、輝く未来の希望の星であって欲しい。 そう、思ってしまうお話でした。 拝読させていただき、ありがとうございました。
御丁寧なコメント、 ありがとうございました。 祖父の兄にあたる人物が モデルなんですが・・・ 戦争を挟んで生きた人は 何か淋しいですね。 あまり記憶にありませんが、 心底笑ったことない人生で あったの

/1ページ

1件