間違いなくピュアラブ、だけどそれだけじゃない!
大人しい羽奏と人気者の結城君。 隣の席になって、それだけで幸せ。 羽奏は優しいけれど大人しすぎる女の子。 結城君のとりまきに押しのけられてもやめて、とすら言えないのです。 いいえ、それどころか結城君を好き、と思うことさえ羽奏にはおこがましく感じてしまうほど。 そんな羽奏と結城君の恋は、甘くてじれったくて、ピュアラブそのもの。 だけどそれだけじゃないのです。 羽奏が恋をして、がんばって成長していく姿、女の子の友達に対するまっすぐな思いがけなげです。 恋には嫉妬や独占欲、そんなドロドロした気持ちがつきものだけど、羽奏と結城君にかかれば恋の調べ。 まだ高校生の羽奏と結城君。 遠くに見える未来には、どんな風景が描かれていくかわからないけれど……、その中で二人が手を繋いでいるといいなあ……と願ってしまう可愛い初恋の物語でした。
1件・1件
素敵なレビューありがとう(*´ω`*) かなりピュアラブを意識して書いたものなので、楽しんでもらえてよかったです♡
1件

/1ページ

1件