児童文学を読んでいるようでした
「人々が自分の水晶を持っているのが当たり前」で、「石の力を借りていろいろなことができる」という設定が独特で良かったです。 ちょっとハラハラするところもありつつも、全体的に柔らかな雰囲気で、死人が出ないハッピーエンドでしたし、児童文学を読んでいるような気持ちになりました。 多分枚数的にはそれ程長くはない作品だと思いますが、その中できちんと起承転結、見せ場をきちんと作ってまとめていらっしゃるのは流石だと思います。 私はファンタジーを主に書いているのに、ファンタジー小説をあまり読まない人なのですが(笑)、久々に良いファンタジーに巡り会えました。 ありがとうございました。
2件

この投稿に対するコメントはありません