なぎの みや

旅とは――
船旅の間の一幕ですね。 アキラとミツキの行動から察するに、ある程度の設備の整ったグレードの高い客船、並びに長距離航行を前提とした乗り物なのでしょう。 物語は平たく言えば大きな出来事が起こる訳ではなく、信頼し合った二人のとりとめのない会話が静かに流れていきます。しかしそれは、限られたその時を有意義に楽しむ二人のやりとりが、旅の醍醐味は目的地を目指すだけではない事を教えてくれているようでした。 『あっち』に行けば、また違ったお星さまを飼えるのかもしれませんね(^-^)
1件

この投稿に対するコメントはありません