森本

あなたなら、どうする?
★思いっきりネタバレしています。未読の方はご注意ください★ 「あなたなら、どうする?」、この一言に物語が美しく集約していきます。作者さまの構成力あっての心理サスペンスだと思いました。 原告が抱いたであろう恐怖も、被告が社会的精神的に追い込まれている様子も、克明に描写されています。 さらに、原告と被告の立場が逆転しても、原告被告の性別が逆であっても何ら不自然ではない仕掛けがこらされています。凶器が果物ナイフであること、「お金を貸してください」というセリフ、それに被告が自分自身を刺した行為とその理由……。 たとえば裁判員である語り手や、裁判官、弁護士が原告被告いずれの席に座っていてもおかしくないのです。 どこにも正解はなく、誰一人被告を裁く権利を持っていません。ただ鋭く根深い問いかけを投げかける良質な作品です。 深い物語を拝読できて幸せです。作者さま、ありがとうございましたm(__)m。
1件・2件
いつもありがとうございます。ラストは、どうしようか本当に迷ったのですが、結局はああいう形で終わらせました。
1件1件
構成力がおありなので、いつもきれいにまとまっていると思います(^ー^)。
1件

/1ページ

1件