佐徐

人であるということ
人間味をとても感じられる、背伸びしてない作者の、等身大で親しみやすい作品でした 人って過ちを繰り返しながら成長出来る愛すべき可愛い生物だなと、読後感も爽やかでした 誰もが経験した事のあるような、類似した記憶を思い出し、嗚呼自分もそうだったと、作品に共感出来る方々は多いかと思います 爽やかなタッチで描かれた陰影も美しい 良作だと思います コンテストで賞が取れる事を願います
読んでいただき、ありがとうございます! 月明かりは、いつもなら見せてくれない世界の秘密を、ちょっとだけ見せてくれるような気がします。 そんな世界の秘密を、もしかしたら私たちはもう知っているのかもしれ

/1ページ

1件