麻生璃藤

短いのに、ミステリーとして成立しているところが凄い!
ミステリーって、すっごい長くて、じっくり読ませるタイプだと思っていたのですが。 こちらはおよそ1万6千文字に収まっています。まずその技能に驚きました。 かと言って、さらっと終わっている訳ではない。 なにやら腹に一物ある女たちの集まり──その背景だって手を抜いていない。 短いけど、ちゃんと読み応えのあるミステリーに仕上がっているんです! って、内容に触れられないのが辛い( ノД`) とにかく読んで! 女って、怖いわあ~~~。

この投稿に対するコメントはありません