文谷ふみ

関係性
 二作目のラストに出てきた治安課・青木春馬を迎えた、佐藤と青木のダブル主演で始まった三作目。やはり面白かった。    どこを切り取って「面白い」と言っていいのか悩むほど。  シリアスだったのにコメディに、なごやかだったのにグロテスクにと、容赦ない角度から無防備に刺される。笑わずにはいられない上に、ページコメントでツッコミや感想を入れたくなるのだから、このシリーズを語るのならば相当な時間が必要になってしまう。とにかく面白い。  青木春馬は、特殊な環境で今の仕事に就いてる。彼は主人公然とした主人公でありながらファントムを嫌っている。  しかし、彼は「ファントム嫌い!」と声高に主張するのではなく、佐藤と知り合っても、ほかのファントムと喋っていても、理性的に対処をする。マンガっぽい「あいつは敵だ……!」感がない。なぜなら彼は社会人であり、組織の人間であり、なにより真面目に働く大人だからだ。  ファントムを嫌いになるであろう絶対的な理由を前にしても向き合おうとする彼は、治安課の人間として、誰よりも相応しいのではないだろうか。読んでいくと、ひっそり応援したくなる、そんな主人公だった。  このシリーズの最大の魅力といる個性的なキャラクターたちのそれぞれの関係性が、絡まったり、平常運転だったり、進展したり……そんなことを楽しめる三作目だったのではないだろうか。  そして、三作目が始まって喜んだ読者のうちの一人だが、書き手の側に立ったとき、これはすごいことだぞ、と戦々恐々とした。  キャラクターたちの個性を保って書き続け、完結させる。しかも三作も。すごいことだ。読ませてくれて本当にありがとう、と言わずにはいられない。  ありがとうございます。マジで。  
1件・1件
ふみさん! 疫病蔓延のなか、小さいお子様を抱えて大変なときに最後まで読んでいただけてかつめちゃくちゃ嬉しいレビューをありがとうございます! 特に新しい主人公である春馬を丁寧に掘り下げていただいて😂そうなんですよー!伝わって良かったー!と思いました。 今回春馬が入り込んだぶん、いつものメンバーの出番が少なかったりシリアス多めだったり自分的に結構賭けでした。つまんない……と何度か嫌になったけど、ふみさんの暖かいこまめな一言コメントに救われました🥰 いつもありがとう!! お体に気をつけて!もし時間ができたら……たんきゅーぶ!そして新作など……待ってます……待ってます(๑♡ᴗ♡๑)

/1ページ

1件