たれぷう

別れの美学。
別れには色々あるけど、これは切なすぎた。 残される彼女を想ってワザと嫌われて別れていくあたりは、別れたときより真実を知った時の方が切ないよ…と思いました。 でも、偶然とは言え、救ってくれる人物の存在が彼女にとっては大きかったですね。 いろんな意味で幸せになってほしいです。 (╹◡╹) ステキな作品を読ませていただき、ありがとうございました。 (๑・̑◡・̑๑)
1件・1件
たれぷうさん(*^_^*)  最後まで読んでくださり本当にありがとうございました(;_;)  ありがたいレビューまでくださり、感謝の言葉もありません(;_;)  とても嬉しいです、ありがとうございます!  海都の行動は不可解なものが多く、読んでくださる方にも「?」状態かもしれない……と思いながら書いていました。みなみと一緒に真実を知っていただきたいなと……  海都のとった行動は正解ではないと思います。みなみのためにもっと他に出来ることがあったのではないかと……彼は結局嫌われることを選んでしまいました。  悠の存在がみなみの救いになると思っています。未来は明るいと。  拙い文章に最後ま

/1ページ

1件