ももたろう

『選ばれないことも・・・』
なんだか毎年この時期に行われるという村の儀式。 そこでは、どうやら村人やこの村に観光に来ていた人も含めて、数人が「イケニエ」として選ばれるという。 もうそろそろ選ばれてもいいころだと構える「ぼく」は、今年もだめだったという。 なんだか理由は分からないが、友達もみんな選ばれ、村中で選ばれていない者は「ぼく」だけらしい。 どういうことだろう。 そうですね、「エブリスタ」もそうですが、「選ばれる」という栄誉は欲しいものですね。 でも、「イケニエ」になるのはなんだか、嫌かな。 そうですか、「ぼく」が選ばれない理由は、そうだったのですね。 そうですね、確かに「選ばれない者」になることが、ものすごく価値があったのですね。 とても深い意味のある素敵な物語でした。
1件・4件
選ばれると得なことが多いですが、選ばれずに最後まで残ることのほうが重要な意味を持つこともあります。 目に見えない暗い影に怯えながら毎日を過ごすのではなく、竜の光で影を切り裂き道を照らせるように、現実世界も選ばれなかった者たちが活躍できる世界になってほしいと思います。
3件
おはようございます。 コメントありがとうございます。 そうですね、確かに。「選ばれないことに選ばれる」それももしかしたらすごいことですね。 選ばれる選ばれないで人の価値は決まってくるのではない。 そう考えるとまた別の見方も生まれることですね。 面白かったです。 それから、「ものかき」拝見させていただきました。 うたうものさんの日ごろから感じられることが、如実に出ていて、「おーそうか、そうだよな」と感心させられました。 レビューの数には改めて驚かされました。 また何かイベントの企画もいいですね。
1件

/1ページ

1件