星埜銀杏

欲と執着心が織りなす怖いお話
お金を軸に人間の醜さが上手く落とし込まれた作品です。 最後に現れたのは亡霊なのか、或いは贖罪の気持ちが作り出す幻覚なのか。その答えは読む人の解釈によって変わります。が、人間の欲望と執着心が恐怖を加速させ、色々と考えさせられるラストとなっています。 加えて、文書表現も巧みで読ませる力がある構成力と展開力には脱帽せざるを得ません。 そんな、とても良い作品をありがとうございました。では、また機会があれば、遊びに寄らせてもらいます。

この投稿に対するコメントはありません