十周年、リアルタイム妄コン、皆様も運営の方々もお疲れ様で御座いました◆ 私は十分しか無い中で下書き同様の状態での参加しかできず残念な気持ちです。 「相対的に帰りたくない気持ち」 https://estar.jp/novels/25665111 しかしそれがSFジャンルで2位に入っており、真剣に書いてる方々に大変申し訳無いですが、三日で100位以下に落ちるのでお構いなく、コンテストもちゃんと落ちましたし(笑 ただ下書きのままでは落ち着かないので、結果が出た後に手直しして作品情報も入れようと思っておりましたところ、その前に味志ユウジロウ様に頂いたペコメがこの話のオチの正解でしたので、手直しはやめます、オチは味志様のペコメを読んで下さい(笑 以て本作品は勝手に味志様とのエブリスタ十周年記念友情合作ということにさせて頂きまーす( --)ノノ だって正解出ちゃったんだもーん(笑 何ですか、卑怯とか言わないで下さいよ、代わりと言っては難ですが、この夏必ず役に立つアウトドア的な知識をお伝えしますから( --)ノ゛ コロナコロナとうるさい世の中ですが、それでもやっぱり夏に向けてレジャーには出掛けたいところですよね。 しかし気を付けて下さい、夏はせっかく楽しみに訪れた海や山で大蛇に絞め殺される危険性が最も高まる季節でもあります。 蛇と言えば毒のイメージがありますが、大蛇の代表格であるニシキヘビやアナコンダには毒などありません。 彼らが持つのは、子牛程度でも骨を砕き窒息死させることができる強靭な筋力のみです。 獲物に忍び寄り絡み付き絞め殺してからゆっくりと丸飲みにするという彼ら、行楽にうつつを抜かしている隙きに背後から襲われたりしたら人間などたやすく捕食されてしまいます。 が、しかしなんとここで彼らの魔の手から逃れる奇跡の方法が( --)ノノ 蛇は鱗を頭の方へ逆撫ですると嫌がって締め付けを緩めるという習性があります。 なので腕が動くうちに必死に蛇の体を尾から頭部へと撫でまくって下さい、なんとか抜け出せるはずです、一安心。 あのムツゴロウ先生が言ってたので間違い無いです。 万が一失敗したらムツゴロウ本人と交渉して下さい、蛇の腹の中でもたぶんWi-Fiは繋がると思います。 何ですか、卑怯とか言わないで下さいよ、これが大人のやり方ですよ。 ……いや(笑
59件

この投稿に対するコメントはありません