あらい

純愛なのに切なくて、でもハピエンでお勧めです
純愛なのに、その愛がうまく噛み合っておらず、切なさで胸が苦しくなります。が、1つ1つパズルをはめていくように全体像がわかってきて、それと同時に切なさも1つずつ埋まっていきます。最後の方は、残数が少なくなるのが惜しくなる感じで読み終えるのが寂しく思えるほどはまりました。スター特典がかなりあるので、それも楽しみです。 「秘書室」→「いばら姫」から夕凪様の作品にはまった者ですが、この「STAY GOLD」と「泥船」だけは、切なさが最初からあふれており手を出せずにいました。 「泥船」の本が手元に届き、その素晴らしさにやっと「STAY GOLD」から読もうと思い読み始めました。脇役の伊地知さん、佐橋さんなど、かなり気になる会話があったりと、「泥船」への伏線があったことにも驚きです。 早く読んでおけば…という思いと、大作を残しておいて良かったという思いです。愛のカタチが色々あるのをこの作品でも綺麗に書かれています。でもやはり唯人とヒナのイチャイチャが大好きです。
4件・2件
あらいさん ひゃ~、嬉しいお言葉の数々、ありがとうございます!! 読みにくいお話なのに、最後までお付き合いいただけたこと、本当に嬉しく思います。ありがとうございます。 そしてそして、まさかこの作品に『純愛』というお言葉を頂戴できるとは! 唯人も稔も、わりと奔放に遊んできた(肉体的に)タイプなのですが、でもメンタル的には確かに純愛なのかもしれません。特に稔なんかは愛が重いともっぱらの評判でした(笑) 唯人とのヒナのイチャイチャは私も好きなので、大好きと言っていただけてめちゃくちゃ嬉しいです。 友人以上恋人未満な関係って美味しいな~という私の性癖満開な関係になりました。 この度は嬉しいコメン
1件1件
泥舟でした。漢字間違いすみません😭唯人とヒナのイチャイチャ、柚と雪を超えるイチャイチャ期待しています(*´艸`*)

/1ページ

1件