村木志之介

ノスタルジーを覚えるお話
人も光も溢れる都会の世界から光のない世界に身を置いたときの居心地の悪さがよく伝わってきます。彼女との思い出も重なり、哀愁を感じました。
1件・1件
お読みいただいて有難うございます。 色々な作品を書いてみようと思っています。 村木さんもレパートリーは広そうですね。でも、その根底にハート・ウォーミングなやさしさが感じられます。 お互い頑張りましょうね。
1件

/1ページ

1件