春くる与

仄かに暗い美しさ
休日の一日、家事仕事の合い間のお供として読ませていただきました。 合い間読みなのに、読み始めると直ぐに世界に戻れる没入感。 ダーク、という言葉のイメージの持つカラーが美しいお話でした。 仄かに暗い。でも、鮮やか。 そしてカッコイイ女の子、というのがツボな私にとってヒロインはとても素敵です。 無双じゃないからこそ、その泥臭さが異能の戦いなのに、かえって魅力的。 異能を使った戦い方も頭脳戦のそれで、こうくるのか、という不利になってからの逆転が爽快ささえ齎してくれ(キャラは必死だけども)読後がなんともいえない心地良い開放感がありました。
1件・1件
春くるさんレビューありがとうございます。なんだか恐縮です。 この作品はエブリスタにきて最初に書いた作品なので、非常に拙いです。(矛盾もあるぐらい)でも気に入ってはいるので、いつか直したい作品です。 こうして読んでいただける方がいて非常に励みになりました。 この度は誠にありがとうございました。
1件

/1ページ

1件